ホーム > ペットお役立ち情報 > 猫の多頭飼い

ペットお役立ち情報



猫の多頭飼い

Share Button

 

上手な初対面の方法

最近は猫を多頭飼いしている方が増えてきました。先住猫が新しい猫にすぐに馴染んでくれる場合もありますが、その反対に毎日のように威嚇行動をしてしまうこともあります。

猫は普段自分が過ごしている場所をテリトリーとして、そこをとても大切にしています。そんな大切なテリトリーに、ズカズカと見知らぬ猫が入りこんできたら怒っても仕方のないことですよね。

一度威嚇を始めてしまうとその行動が長引いたり、それに伴う粗相などの問題行動が起きてしまったりすることもあるので、初対面は新しい猫をケージに入れたままの状態がおすすめです。ケージのまま先住猫に近付けて、まずは匂いを確認させてあげましょう。

その後先住猫の反応を見ながらケージの扉を開けて、ゆっくりと対面をしていきます。

 

 

先住猫の威嚇

初対面の時には、猫は必ずといっていいほど威嚇をし合います。初めて見る猫への不満、見知らぬ場所への不安などお互いに様々な気持ちが駆け巡っているのかもしれません。

特に気を配るべき点は、先住猫の側の威嚇行動です。必ず出てしまう威嚇行動も、よく観察をしていると威嚇にも少し種類があります。本気で怒って今にも飛び掛かって攻撃してしまいそうな威嚇と、少し気に入らないなと思っている程度では明らかに違いがあります。

この違いをよく見極めて対応をしていくことも、多頭飼いをしていくうえでは大切なことになります。

 

 

先住猫を常に優先しましょう

新しい猫を迎え入れると、ついついそちらに気持ちがいってしまいます。それが子猫となると手もかかりますのでなおさらですね。でも、多頭飼いにおいてはそれが一番やってはいけない行動となります。

ご飯をあげる順番はもちろんですが、撫でてあげる順番や名前を呼ぶ時など、すべてのことにおいて先住猫を意識的に優先させるようにしましょう。同居のご家族全員がこれを徹底するようにしてください。

自分のテリトリーに後からやってきた猫が、ほんの少しでも自分よりも飼い主さんに大切にされているのでは?と感じさせてしまうと、その怒りや不安の矛先が新しい猫への攻撃や、トイレではない場所への粗相などの問題行動へ発展してしまうかもしれません。

 

 

≪インターネットからの予約や、動物の種類別での検索や病気の専門医の検索なども出来ます≫
動物病院・ペットサロンの検索・予約はこちら↓から

動物病院、ペットサロンの検索・予約

動物病院、ペットサロンの検索・予約

カテゴリ:

動物病院の都道府県検索