ホーム > ペットお役立ち情報 > 猫のいびき

ペットお役立ち情報



猫のいびき

Share Button

猫もいびきをかきます

猫も人と同じように、眠っている時にいびきをかくことがあります。クークーやピーピーなどの、寝息にしては少し音が聞こえるかな?程度のいびきは特に問題はないと思いますが、鼻水を伴って湿ったような音をたてるいびきの時には、風邪気味やその他の理由で体調不良の場合もありますので、様子をみて必要に応じて動物病院で診てもらうようにしてください。

また、鼻が潰れているタイプの短頭種であるエキゾチックショートヘアやペルシャは、骨格の関係から健康な状態でもいびきをかきやすい猫種です。ただし、あまり大きないびきを頻繁にかくようであれば、何か異常が隠れているかもしれませんので注意するようにしてください。

 

 

肥満からくるいびき

肥満気味の猫は、首回りに付いた脂肪が気道を圧迫してしまいます。特に眠っている時には、その寝相によっては更に気道が圧迫されることになり、いびきが大きめの音で出ることがあるようです。

猫は丸みを帯びている体型の方が可愛らしいですが、あまりにも体重が増え過ぎてしまうと、それが原因で高血圧などの病気を引き起こしてしまう可能性もありますので、おもちゃなどを使って積極的に運動をさせてみたり、食事内容を少し変えてみたりして少し体重を落とすようにしてあげましょう。

 

 

病気からくるいびき

大きな音のいびきを頻繁にかくようであれば、そこには何か病気が隠れていることがあるかもしれません。

最近ではアレルギーが原因でいびきをかく猫もいるようです。このタイプのいびきは、アレルギーの原因を特定してあげて、それを生活環境から排除をしてあげることで改善されます。

人の風邪のようにウイルス性の細菌に感染してしまい、猫風邪をひいてしまった場合にもいびきは大きくなります。シニアの猫になると、若い頃に比べると免疫力も少しずつ弱くなっていきますので、ウイルスにも感染しやすくなってしまいます。体調不良で食欲が落ちると、益々免疫力が弱まる悪循環になってしまいますので、シニア猫は日頃の体調管理をこころがけるようにて、何か異常があれば早めに動物病院へ連れていくようにしてください。

 

 

≪インターネットからの予約や、動物の種類別での検索や病気の専門医の検索なども出来ます≫
動物病院・ペットサロンの検索・予約はこちら↓から

動物病院、ペットサロンの検索・予約

動物病院、ペットサロンの検索・予約

カテゴリ:

動物病院の都道府県検索