ホーム > ペットお役立ち情報 > 犬を叩くとき

ペットお役立ち情報



犬を叩くとき

Share Button

 

犬をしつけで叩くこと


犬を叩いたことがありますか?もちろん意味もなく理不尽叩くということではなく、ちょっといけない事をしてしまった時に、「メッ」という思いを込めてお尻や鼻先を軽く叩くという意味だと思ってください。多くの飼い主さんが経験しているのではないかな?と思いますが、しつけの際に犬を叩く行為には賛否両論があります。

例えばこれが人間の子どもであれば、叩いた後にどうして叩かれてしまったのかを説明することができます。でも、犬にはいくら説明したところでそれは通じず、犬はただ叩かれたという記憶しか残らない場合があります。

だからといって、犬を叩いてはいけないとしているのではありません。犬を叩く時には、タイミングがとても重要になってくることを、是非覚えて欲しいのです。

犬が何かいけないことをした時、お尻などを叩いて教えるのであれば、必ずそれは現行犯でなくてはダメです。何かイタズラしてはいけない物をかじっていたら、すかさずその場で叱ります。もしも犬がそれを口から離してしまった時に叩いてしまったら、これはタイミングを外したことになります。本当に難しいのです。

 

 

叩くことにはメリットもあります


叩くことは確かにタイミングが難しい面がありますが、もちろんメリットもあります。

子犬の頃には、やはりダメなことはダメときちんと教えないといけません。可愛いからといって何でも許してしまっていると、後々わがままな犬になってしまい、結果的に自分が困ることになってしまうでしょう。

それに、子犬は好奇心が旺盛ですので、危険なことも時にはしてしまうこともあるかもしれません。そんな時には、やはり厳しく叱るために叩くという行為も必要になります。叩くというよりも、いけないことをした時に何らかの衝撃を与える意味が込められています。

また、落ち着きのない犬を制する時にも、軽く叩く行為には効果があります。これには痛い思いをさせるというよりも、こちらに注意を向けさせる意味があります。

突然叩かれるのは、やはり犬も嫌な気持ちが多少します。してはいけない事をした時に、タイミングよく叩くことができれば、自分のした事と叩かれた嫌な事を結び付けて、そのうちにいけない事をしなくなってくれると思います。

 

 

 

≪インターネットからの予約や、動物の種類別での検索や病気の専門医の検索なども出来ます≫
動物病院・ペットサロンの検索・予約はこちら↓から

動物病院、ペットサロンの検索・予約

動物病院、ペットサロンの検索・予約

カテゴリ:

動物病院の都道府県検索