ホーム > ペットお役立ち情報 > 犬のしつけは英語のかけ声がおすすめ

ペットお役立ち情報



犬のしつけは英語のかけ声がおすすめ

Share Button

 

何故英語のかけ声がおすすめなのか

しつけの際に使用する犬へのコマンドは、簡潔な言葉ですむ英語が大変おすすめです。

「うちの犬は私の言葉が分かるのよ」と言う飼い主さんがよくらっしゃいます。確かに犬は人の発する言葉を理解はしていますが、それは言葉の意味を理解しているのではなく、音として認識し区別をして覚えているのです。

そのため、日本語のように1つの言葉でも様々な言い回しができるコマンドを使用すると、犬は混乱をしてしまうことがあります。また、日本語は男性や女性、子供やお年寄りで使用する言葉の語尾も違ってきてしまいます。

例えば「オスワリ」という場合、「お座りしてね、お座り、座って」など人からしてみれば1つの意味にしか捉えられないことでも、これらは犬には全て違う指示に聞こえてしまいます。このような指示では、犬は混乱をしてしまうだけではなく、なかなか指示に従うことができなくなってしまいますよね。しつけがなかなか上手くいかない原因は、このような事が原因の場合もあります。

家族間で日本語のコマンドを使用する場合、語尾までも統一するのは意外と難しく、コマンドを出す人によって少しずつ変わってしまうことも少なくありません。

その点英語には余計な語尾もなく、単語だけで犬に指示を出すことができますのでおすすめという訳です。

 

英語の指示は練習を

家族間で英語での指示にしようと決めた場合には、犬に使用する前に飼い主さんが練習をするようにしましょう。

英語での指示は、日常生活ではなかなか使用する単語ではありませんので、きちんと練習をして身に付けておかないと、なかなかすんなり出てくるものではありません。

犬への指示出しをしている時に、ついうっかり日本語と英語を混ぜてしつけを行ってしまっては、意味がなくなってしまいます。

英語での指示は難しい単語を使う必要はなく、お子さんでも使いやすい単純な単語で十分です。大切なのは、常に同じ単語を使い続けることと、単語の語尾に余計な日本語をつけないことです。

 

よく使う英語のコマンド


動物病院・ペットサロンの検索・予約はこちらから

動物病院、ペットサロンの検索・予約

動物病院、ペットサロンの検索・予約

カテゴリ:

動物病院の都道府県検索