ホーム > ペットお役立ち情報 > 犬がトイレシーツを食べてしまう

ペットお役立ち情報



犬がトイレシーツを食べてしまう

Share Button

何故トイレシーツを食べてしまうのか

犬がトイレに敷いてあるトイレシートを食べてしまうというのは、実は意外を多いようです。特に子犬の頃は好奇心が大変旺盛ですので、何にでも興味を示してしまい、おもちゃと勘違いしてかじっているうちに食べてしまうことがあります。

では、食べてみて美味しくもないトイレシーツを犬はどうして何度も食べてしまうのか・・・・。そこには飼い主さんのとってしまった行動に原因がある場合があります。

犬がシーツを食べているのを発見した時、大抵の飼い主さんは驚いてすぐにやめさせようとするでしょう。この時に、つい騒ぎ立ててしまう飼い主さんが非常に多いです。

犬は飼い主さんが慌てて声をあげて片付けている様子を見て、自分がシーツを食べることは何か楽しいことで、飼い主さんが喜んでいるのだと勘違いしてしまっている可能性があります。

成犬になってからトイレシーツを食べるようになった場合には、運動不足からくるストレスや何か不安なことがあるのかもしれません。生活環境を見直してみてあげてください。

 

食べるのをやめさせるには

先に生活環境の見直しを提案しましたが、これは成犬に限らず子犬の場合にも有効です。

犬は運動不足などからストレスが溜まってくると、今までイタズラなどしなかった身近のものをかじって欲求をおさえようとすることがあります。

散歩の時間をいつもより少し長くとってあげたり、ブラッシングなどでスキンシップをとってあげたりするだけで、シーツを食べることをやめる場合もあるようです。

そして、シーツを食べているのを見付けた時には、慌てたり騒いだりせずに静かに淡々と片付けるようにしましょう。

 

健康被害

トイレシーツは、水分をよく吸収するようにできています。シーツの種類によっては、水分を吸収したあとに膨らむ性質のものもあるでしょう。

ほんの少し食べた程度では、排泄の時に便と一緒に出てくるので健康被害はないと思いますが、万が一大量に食べてしまった場合には注意が必要です。

トイレシーツはビニールも使用されていますので、胃腸で消化のできないビニールと吸収剤がお腹に溜まってしまうと、外科的手術を用いて取り出さなければならなくなってしまうこともあります。

そのため、なるべく早めにやめさせるようにしましょう。
動物病院・ペットサロンの検索・予約はこちらから

動物病院、ペットサロンの検索・予約

動物病院、ペットサロンの検索・予約

カテゴリ:

動物病院の都道府県検索