ホーム > ペットお役立ち情報 > 散歩で歩かない時

ペットお役立ち情報



散歩で歩かない時

Share Button

散歩を怖がる子犬

まだお散歩に慣れていない子犬の場合、歩かなくなってしまうのはよくあることです。それまで室内で過ごしていた子犬にとって、色々な音や匂いのする外の世界に恐怖を感じてしまうのは仕方のないことですよね。

そんな時は優しく声をかけながら、リードを軽く引いて歩いてみましょう。お気に入りのおもちゃを見せて前に歩くように誘導するのもいい方法です。それでもなかなか足がすくんで歩けないようでしたら、最初のうちは飼い主さんが抱っこをして外の世界をよく見せてあげてください。そのうちに興味を示して自分で歩くようになってくれます。

 

 

突然立ち止まる犬

たった今まで普通に歩いていたのに、突然動かなくなってしまう犬がいます。その場に座りこんでしまったり、どんなに強くリードを引いてもガンとして動かなかったりされてしまうと困ってしまいますよね。

リードを引いても動かない程に力が入り、立ち止まるまで普通に歩いていたのであれば、おそらく体調が悪くて動けないということはないので、これは単純に飼い主さんが自分のこの行動に対してどんな反応をするのかを確かめているのかもしれません。

ここで一番やってはいけない行動が、優しく抱き上げてしまうことです。犬は学習能力が大変高く飼い主さんの行動をよく見ている動物ですので、自分がワガママをしたことに対して飼い主さんがとった行動をちゃんと覚えています。

一度でも甘やかしてしまうと、次からも気まぐれにワガママをおこして散歩中に動かなくなってしまうことが頻繁に起こるかもしれません。

 

 

 

動かない犬への対処法

犬の体調不良は考えられず、ワガママからくる行動だと分かった場合には冷静な対応を心掛けます。余計な言葉もいりません。「行くよ」などの簡単な単語だけを発して、進む方向を向いてリードを引きましょう。

最初は犬も頑張って抵抗するかもしれませんが、飼い主さんが一貫した態度でいれば犬もそのうち諦めて歩きだしてくれるはずです。

何かあれば飼い主さんがすぐに抱っこをしてしまう癖の付いている犬の場合には、なかなかうまくいかないこともありますが、ワガママをしても言うことは聞きませんよという態度を常にとることで、犬はそれを学習しますので根気よく続けるようにしてください。

 

 

≪インターネットからの予約や、動物の種類別での検索や病気の専門医の検索なども出来ます≫
動物病院・ペットサロンの検索・予約はこちら↓から

動物病院、ペットサロンの検索・予約

動物病院、ペットサロンの検索・予約

カテゴリ:

動物病院の都道府県検索