ホーム > ペットお役立ち情報 > 子犬の甘噛みは早めにやめさせましょう

ペットお役立ち情報



子犬の甘噛みは早めにやめさせましょう

Share Button

 

子犬は甘噛みをします

子犬も人と同じように、乳歯が永久歯に生え変わる時期には歯が痒くなりそれをどうにか解消しようとします。子犬があちこちの物に噛みついて困ってしまうという話をよく耳にしますが、それがちょうどこの時期にあたります。

実は子犬の甘噛みには、歯の痒み解消に甘噛みをするだけでなくもう一つ大きな理由があります。子犬が飼い主さんの手や足に噛みついた時、可愛らしい子犬のすることですから、ほとんどの飼い主さんは「ダメよ」などと優しい声をかけてしまったり、多少痛かったとしても「痛いじゃない」などと明るい声で楽しげに話しかけてしまったりするでしょう。

子犬から見るとこの飼い主さんの行動は、自分が噛んだことで飼い主さんが楽しそうにしている、もしかしたら喜んでいるのかな?などと勘違いをしてしまう原因になっています。

子犬は自分が噛むと、飼い主さんが楽しそうにしながら自分に話かけてくれると思い込み、何度も甘噛みを繰り返すようになってしまうのでしょう。

 

 

甘噛みをやめさせるには

子犬が遊んでいる最中に甘噛みをしてきた時には、すかさず「痛い!」と声に出してはっきりと伝えます。いつもよりも少し低い声で言うのが効果的です。

その後、手を噛んだのであればそれを後ろに隠し、今まで遊んでいたことをそのまま中断してしまいましょう。子犬は訳が分からずにじゃれついてくるかもしれませんが、それには応じてはいけません。

じゃれついてくる子犬の行動が少し落ち着くまでは、遊びは再開せずに毅然とした対応を続けます。落ち着いてきたのを確認できたら遊びを再開しても構いませんが、その後また甘噛みをしたら同じように遊びは中断してください。

これを続けていくと、自分が噛みついたことで遊びが中断されてしまうことに気が付きますので、遊びを中断されたくなくて甘噛みをすることも減っていくはずです。

 

 

甘噛みを馬鹿にしてはいけない

「子犬の甘噛み程度は痛くないし」などと甘く考えてはいけません。子犬のうちに噛む癖を直しておかないと、成犬になっても噛む行為をするようになってしまいかねません。

犬の歯は固い骨も咬み砕くほどの強度を持ちます。力加減次第では凶器にも成り得ることを忘れないでください。

 

 

 

≪インターネットからの予約や、動物の種類別での検索や病気の専門医の検索なども出来ます≫
動物病院・ペットサロンの検索・予約はこちら↓から

動物病院、ペットサロンの検索・予約

動物病院、ペットサロンの検索・予約

カテゴリ:

動物病院の都道府県検索