ホーム > ペットお役立ち情報 > 真夏の暑い時期お散歩は要注意!

ペットお役立ち情報



真夏の暑い時期お散歩は要注意!

Share Button

犬はお散歩が大好き!運動不足の解消やストレス発散も大事なんでですが、
犬は熱いのが苦手なんです。暑い時期のお散歩は要注意!pet_dog_harness

真夏のアスファルトは要注意!!


暑い真夏日のアスファルトは50~60℃にもなります。

犬は地表から近い場所にいますので、
私達人間よりもダイレクトに暑さ感じることになります。

また、熱いアスファルトの上を歩くと、
犬は裸足で歩いてるようなものなので、犬の肉球がヤケドをしてしまいます。

最近は、気温の上昇も以前とは比較にならないので、
夕方 陽が落ちてからもアスファルトの温度はなかなか下がりませんので要注意です。

 

お散歩は涼しい時間帯に


もちろん、熱いのはアスファルトだけではなく気温もなので、そこも問題なんです。

犬の汗腺は肉球にしかなく、汗をかいて体温を調節することが出来ません。
なので、犬は口から舌を出して体温を調節しています。

冒頭でもお話ししましたが、犬は暑いのが苦手なので暑い時間帯の散歩は犬の体の為にも避けてください。
特に子犬や老犬、寒い地方が原産の犬は気を付けてくださいね。

また、ブルドッグ、シーズー、パグなどの鼻の短い種類を短頭種といいますが、この種類の犬は呼吸がしづらく、体温調節が苦手です。
熱中症などにもなりやすいので、暑い時間の散歩は危険です!

散歩をするなら朝早い時間帯がおすすめです。
日が出てくると気温がドンドン上昇し地面の温度が上がってきます。
早朝が無理なら、夜になり日が沈んでからをおすすめします。

夏場はお散歩に行く前に地面に触って熱くないのを確認してからにしてください。
また、涼しい時間帯とはいえ他の季節よりは暑いので、散歩の時間も短くしましょう。

 

真夏は絶対に車の中に置いていかないで!!


それと、もうひとつ!

夏は絶対に車の中に置いたままにしてはいけません!!
ちょっとの時間だからと油断しているとあっという間に車内の気温は50度くらいに上昇してしまいます。
また、エアコンをつけておけば大丈夫という方は、誤ってペットがギアを触ってしまったりして車が動かない様に十分は配慮が必要になります。こちらもできるだけ避けてください。

 

楽しくペットと一緒に暑い夏を乗り切ってください。

動物病院、ペットサロンの検索・予約

動物病院、ペットサロンの検索・予約はこちら↑

カテゴリ:

動物病院の都道府県検索