ホーム > ペットお役立ち情報 > ペット保険のお話 その1「ペット保険入っていますか?」

ペットお役立ち情報



ペット保険のお話 その1「ペット保険入っていますか?」

Share Button

みなさんペット保険って入っていますか?

実は今ペットを飼っている方で、ペット保険に加入している割合はまだまだ少なく
全体5%程度と言われています。

でも、もしペットがケガしたり病気した時に放置しないですよね?
動物病院に行っちゃいますよね。

その時にどのくらいの治療費がかかるか考えた事ありますか?
動物病院は人間の病院のように治療費が点数制で決まってる訳ではなく自由診療ですので、かかる動物病院によって様々ですが、検査したり注射したりお薬もらったりで軽く1万~3万くらいかかります。

pet_echo_kensa_dog

ペットには人間のように健康保険がありません。
ですので、治療の際にかかった費用は全額飼い主さんの自己負担となってしまいます。

動物病院でお会計する時に想定外の高額でビックリ!なんてことありますよね。
しかも1回で治療が終わらないことも多々ありますので毎回こんなに払うなんてムリ~~ってなって治療に行くのやめてしまう方もいるかと思います。

そんな時にペット保険!

ペット保険ってイメージでは、人間で言うところの生命保険のイメージを持っておられる方もいらっしゃるかと思いますが
実はペット保険は生命保険ではなく健康保険に近いものなのです。

hokensyou

ペット保険に入っていると、人間の健康保険のように治療費の負担を少なくすることが出来るのです。

人間の健康保険は一般的には3割負担ですよね、ペット保険に入っていれば同じように3割負担で済むんです!(どの保険に入るかで割合は変わります)
例えば1回に治療費2万円だったところが6千円の負担で済むということになります。
これは大きいですよ!

 

一度病気にかかるとしばらく薬を飲まなくてはいけないなんてことも出てきます。その際に1回に1万円だとして4回で4万円かかるところが1万2千円でいいんですから。
ましてや、手術や入院なんてことになったらもう大変。何十万単位になっちゃいます。

 

是非、元気なうちにペットの保険に入ってください。

病気になっちゃうと入れなくなります。
それと、ペットが高齢になっても入れなくなります。保険会社によって新規加入できる年齢が違いますのでご注意ください。

 

とは言っても保険料お高いんでしょ?
とお思いかと思いますが・・・大丈夫です!そんなことございません。

保険の内容やペットの種類にもよりますが、月々1000円かからないものからあります!
また、加入できるペットの種類も犬・猫だけではなく、うさぎやハムスターなどの小動物や鳥、爬虫類も入れるものもあるんですよ。

 

リリーフでは、ペット保険のご相談を受付しております。

まずはお気軽にご相談ください。メールでもお電話でもOKです!

ペット保険のご相談はこちらから

ペット保険のご相談

ペット保険のご相談

では、次回に続きます

さ~て、次回のお話は、「ペット保険の選び方のポイント」です♪
お楽しみに!

computer_couple

 

カテゴリ:

動物病院の都道府県検索