ホーム > ペットお役立ち情報 > トイレトレーニングがうまくいかない

ペットお役立ち情報



トイレトレーニングがうまくいかない

Share Button

環境作りが大切

トイレトレーニングがうまくいかない原因の一つに、トイレを設置している場所がよくないことがあげられます。人が快適に過ごせるために考えたトイレの場所は、犬が気持ち良くトイレを済ますことのできる場所とは限らないのです。

トイレは排泄をする場所で臭いも伴いますので、なるべくなら人がくつろぐ場所から離して設置したいと思われる飼い主さんは多いと思いますが、その場で一緒に過ごしている犬にとってはトイレが遠過ぎてしまうことがあるようです。

犬にとって理想のトイレの場所は、排泄をしたいと感じてから5歩程度でたどり着ける距離になります。しっかりとトイレのしつけが済んでいる犬であれば、もう少し遠い場所でも大丈夫ですが、トレーニング中の場合にはトイレが遠過ぎてしまうと失敗してしまう確率がかなり高くなってしまいます。

犬が粗相をしてしまった場所は、きれいに掃除をしたつもりでも臭いが残ってしまうことがあります。犬はその優れた嗅覚で、自分の排泄物の臭いがする場所を見付けてしまうと、その臭いのする場所に再び排泄をしてしまう習性がありますので、また同じ場所で粗相をするという悪循環に陥ってしまうことがあるようです。

 

タイミングよく大袈裟に褒める

犬は大好きな飼い主さんに褒めてもらうと、本当にとても喜びます。自分の行動に対して褒められた場合には、また褒めてもらいたくて同じ行動を繰り返すようになるのです。

この褒める行為を上手にしてあげることが、トイレトレーニングの成功につながります。犬がトイレで上手に用を足すことができた時には、すかさず少し大袈裟かなと思うくらいに褒めてあげましょう。「すかさず」というのがとても重要です。

トイレを済ませて少し経ってから褒められても、犬は一体何を褒められているのか全く理解をすることができません。

トイレトレーニングの最中には、犬の行動パターンをよく観察するようにして、トイレが上手にできて褒められるという、良い記憶をたくさん体験させてあげてください。

根気よく何度も教えていけば犬は必ず上手にできるようになりますので、焦らずに取り組んでいってください。

 

 

≪インターネットからの予約や、動物の種類別での検索や病気の専門医の検索なども出来ます≫
動物病院・ペットサロンの検索・予約はこちら↓から

動物病院、ペットサロンの検索・予約

動物病院、ペットサロンの検索・予約

カテゴリ:

動物病院の都道府県検索