ホーム > インタビュー > こなゆき動物病院 川村院長

インタビュー



こなゆき動物病院 川村院長

Share Button

今回のインタビューは、
北海道札幌市豊平区月寒にある動物病院「こなゆき動物病院」の院長川村直輝先生です。

プロフィール
◇病院名:こなゆき動物病院 院長
◇趣味:スノーボード
◇今までに飼ったことのある動物:犬・猫・モルモット・カメ


?インタビュー

―川村先生が獣医師を志したきっかけについて、お話を聞かせてください
昔から動物が好きだったことがきっかけですね。中学生のころに飼っていた犬をはじめ、カメやモルモット、さまざまな動物と触れ合い、より動物たちに接する獣医師を、自然と志すようになりました。
飼っていた犬は、獣医師になっても生きていてくれたので、最後まで自分でお世話できたことを思い出します。

 

―こなゆき動物病院の名前の由来を教えてください
ふかふかの深雪(パウダースノー)をスノーボードで滑ることが大好きなんです。最初は「パウダースノー動物病院」にしようかと思ったのですが、動物病院の名前らしくないと感じて、「こなゆき動物病院」に落ち着きました。(笑)
院内の待合室には、以前愛用していたスノーボードの板を飾っています。来院した時は、かしこまりすぎない遊び心のある動物病院を感じていただけると思います。

 

―獣医師になってやりがいを感じる時はどんなときですか?
来院した動物たちの病気が治った時に、獣医師としてのやりがいを感じます。動物たちと飼い主さまの笑顔を見れた時には、本当に獣医師になって良かったと感じます。
また動物とお別れを経験した飼い主さまが、新しい家族を迎えた際に、その動物を連れてまたこなゆき動物病院に足を運んでいただけた時です。信頼していただけていることが実感でき、これもやりがいを感じる瞬間ですね。

 

―今後の目標を教えてください。
飼い主さまと、家族の一員である動物たちがより長く一緒に過ごせるように、サポートをし続けることです。ワンちゃん、ネコちゃんにちょっと変化があった時、気軽に相談していただけるような病院を目標にしています。
これまでのスタンスを変えずに、来院していただいた飼い主さまや動物たちに、信頼していただける病院作りをこれからも行っていきます。

 


■こなゆき動物病院
北海道札幌市豊平区月寒西1条9-9-12
こなゆき動物病院の病院紹介ページはこちら

こなゆき動物病院

カテゴリ:

動物病院の都道府県検索